恋愛コラムトレンドちゃんねる

-  |  次の1件 »

恋愛に迷ったときの基準は?

恋愛に迷ったときの基準は?

恋愛に迷ったときの基準は?.jpg


恋愛をしていると様々なことで悩むことが多いですね。

彼氏がいない場合は、好きな人が複数できて

どちらがいいのか迷ったり

付き合っている場合も

彼氏とこのまま関係を続けて大丈夫か迷ったり

することもあると思います。

そんなとき、どのように考えれば

いいのでしょうか。

そんな時には

「嬉しい」よりも「楽しい」感情を優先させることを意識すると良いとのこと。

恋愛関係にある際に「嬉しい」瞬間といえば

・相手が何かしてくれたとき

・プレゼントをもらったとき

・記念日などにお祝いをしてくれたとき

・困ったときに相手が助けてくれたとき

・相手が困っているときに自分がしたことに対して喜んでくれたとき

など、様々な場合が考えられます。

一方で「楽しい」と思う瞬間は

・一緒にいて笑い合っているとき

・デートをしているとき

・サプライズなどを準備するとき

・相手が喜んでくれるといいなと思って何か準備するとき

などが考えられるかもしれませんね。

「嬉しい」と「楽しい」は似ているようで

細かく見ると実は違う感情です。

1.「嬉しい」を求めると相手の負担になる可能性がある

上で紹介したように「嬉しい」瞬間が沸き起こるのは

相手に何かしてもらった、されたときです。

裏を返せば、

もし相手が何もしなければ「嬉しい」という感情が生まれにくくなるとも考えられます。

「嬉しい」という感情を求めすぎると

相手も常に何かインパクトのあるものを与え続けないといけないプレッシャーを持つことになり

負担が強くなって「重い」と感じたり、

与えられる側もトキメキがなくなって冷めてしまうおそれがあります。


2.「楽しい」は主観的で相性による

「嬉しい」という感情と違って「楽しい」という感情は自分の感じ方次第で変わります。

極端ですが、よほど相手のことが嫌いでない限り、

好きではない人からプレゼントをもらっても

「嬉しい」と感じることはあると思います。

でも「嬉しい」からイコール「楽しい」とはすぐにならないことも多いはず。

相手がいくら「嬉しい」思いをさせてくれる相手であっても

一緒にいて楽しいと感じることができなければ

それは本当の恋愛相手ではない可能性が高いです。


3.「楽しい」は長く続くもの

もし今日プレゼントをもらったり

夜景の見えるオシャレなレストランに連れて行ってもらって

「嬉しい」と感じたとします。

でも時間が経つにつれて

何をプレゼントされたかというよりも

一緒に過ごして楽しかったかどうかがメインになるのではないでしょうか。

「嬉しい」という感情が、その時だけの気持ちとして沸き上がることが多いのに対して「楽しい」は長く続く性質があるみたいですね。

・・・


そのため、恋愛関係において悩むことがあれば

「この人と一緒にいて楽しいか」

といったことを考えるようにしてみましょう。

「嬉しい」を常に優先するとお互いに疲れてしまいます。

気を遣わなくて落ち着くことができ、

一緒にいて楽しいと思えるならば

それは、その人にとって理想の相手なのかもしれません。

参照:http://howcollect.jp/article/10241

2015-01-31 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の1件 »
Copyright © 恋愛コラムトレンドちゃんねる All Rights Reserved.
恋愛や結婚などに関するコラム、トレンド情報などを紹介します
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。